タグ

, , , ,

ちょこっと憲法(と呼ばれるもの、憲法だと錯覚しているもの)を弄ったくらいで状況が良くなると思っている風の改憲派というのは敗北主義者だろうと思う。

反日の正体はフランクフルト学派に代表されるユダヤグローバリストによる工作であって、韓国が中国がロシアがという話じゃない。だいたいがポジショントークなんだよね。日本の視点じゃない。ユダヤグローバリストの論理に乗ってる時点で、米国寄り日本でも韓国寄り日本でも一緒。

青山某などのように「70年も(改憲の)努力をしてきたのを否定するつもりか?」などと恫喝する人もいますが、現時点では、ほとんどの憲法学者(という業者)が憲法の精神だと思っている前文(空虚な呪文みたいなもので、フランクフルト学派の思想が入っている悪文)を弄っていけないと言うし、改憲派の先鋒と見られる安倍さんも怖くて触れないし、立憲的改憲なんて言ってる連中も当然のように触らない。

そうかと思えば金のことばかり考えている経済評論家風情が、日本が自主防衛するより米軍に居てもらった方が得だといった論調で自立を拒む。目先の損得しか考えない。自分の国は自分で守るんだという精神がないんだよね。唯物論者だ。「戦うも戦わざるも負ける。同じ負けるなら戦って護国の精神を守る」と苦渋の選択をした戦前の軍人が泣く。

小説家が書いた歴史本を読んでも、論理体系がユダヤグローバリストの理論体系なら、自慰して終わることになるので、是非、良い機会なので日本の歴史や伝統を評価し直して欲しいと思う。日本の歴史を肯定的に評価する気分はあると思う。

経済学にしても憲法学にしても、凡そほとんどの学問体系がフランクフルト学派に象徴されるようなユダヤグローバリズムの毒が盛られた状況では何を考えても負けは確定です。人文科学と社会科学はやり直しが必要かもしれない。

これら敗北主義者たちの言論は、例えそれが保守的な言葉を使ったり雰囲気を醸し出していても有害であり、保守的な言葉を使ったり雰囲気を醸し出しているからこそ有害なんだと思う。

天皇陛下が事あるごとに「象徴天皇の意味を考えている」と発言されています。つまり「なんだよ、象徴って?」という話なわけで、日本国憲法と呼ばれる怪文書の前文に正統性がないことを認識されている。

日本国憲法下で作られた教育基本法は家族や祖先を軽視しているし、国家公務員法に到っては、公務員の定義を捏造して役人による公権力の乗っ取りを志向する。

政治家が稼業や家業になり、政党が幅を効かせる。そして役人が公権力を握る。

日本国憲法では、国民の代表を選挙で個人を選ぶ。党を選ぶのではない。選ばれた人が公務員。国民が罷免できる。役人は官吏であって公務員ではない。

公権力は国民の代表として国会議員に託され、役人には公権力はなく国民の僕である、公権力は国民が持つ、というのが民主制でしょうに。(もっとも、元々がおかしな論理や理論の体系が染み付いた人々ばかりで、そんなものがまともに機能するとは思えないが)

政府の構成員が、そもそも日本国憲法というものを軽視してるわけです。

こういう状況は、憲法としての実効性がないと言って良い。あるいは、守る必要を感じていないのであれば、憲法としての妥当性もないのだろうと思う。

正統性も実効性も妥当性もないなら、すなわち日本国憲法は憲法としての効力がない。

憲法としての効力がない。憲法ではないという意味。

これが憲法無効論です。

「今更、憲法を無効にできない!」と興奮する人がたくさんいますけど、それは無効論とは呼ばない。それは破棄論であって、広義の改正論。

無効ならば憲法ではないのだから改正もできない。無いものを有ると言うのはやめてもらいたい。

沖縄は日本国憲法が施行されたときは日本ではなかった。日本国憲法の制定に参加できずに、つまり大日本帝国憲法下から出ることなく、ここまで来ています。

米国の支配下にいる方が金が儲かると喜んでるうちに、蚊帳の外のように扱われ、そこに左翼による政治工作が入り込み混乱した。

米国の支配下で金が儲かると喜んでいた(いる)のが、前述の敗北主義者たちです。この連中がもう少しまともだったら、今のような沖縄の混乱はなかったかもしれない。

早く日本国憲法は無効だ(ずっと無効だったんだ)ということを認め、占領期にいじくり回された法の体系を一旦正規のものに戻すべきだ。改正はその後。

皇室典範は皇室に戻す。皇室に自治を戻す。教育基本法も国家公務員法も作り直し。

こういうことを書くと、戦前回帰だと批判をする人もいるけど、その取り敢えず批判から入るという批判理論がフランクフルト学派の手法なんだよね。毒が回っている証拠です。