タグ

私は日本国憲法は無効だと考えるので最近の改憲狙いの活動を見ると不思議に思ってしまいます。大方の人が支持政党や支持する政治家や言論人に同調しているだけで、あまり考えてないのではないかと感じます。

中国共産党の領土的かつ軍事的な野心的行動や北朝鮮の弾頭ミサイルへと危機感などに反応して憲法9条の足枷を外せと改憲論に向かうのもわかりますが、日本国憲法前文の「諸国民の公正と信義に信頼して」の下りの部分はどうするんでしょうか。

外交の最終手段として軍事力です。外交というのは諸国民の公正や信義があることを前提にしません。そういうものはそもそも信頼に足らないから軍事力による守りを固めるわけです。だからもし改憲という方法が正当だとするなら、前文も含めてごっそりと変えないと矛盾した内容の憲法になるし、いい加減な解釈が乱立して混乱するのではないでしょうか。

日本国憲法は占領期間中に占領軍の意志で行われた憲法制定行為です。狙いは日本が再び抵抗する力を持たないように縛ること。日本を縛った上で、軍事力を米国に依存して自立できないようにした。占領期間中というのは、一般的な法律でさえ占領軍の許可・容認・黙認がなければ作れない状況ですから、国家の主権による行為である憲法の改正や制定という行為もできません。自民党は昔は自主憲法制定を党是にしていましたが、これは日本国憲法は自主ではない、つまり憲法ではないから、本当の憲法を作ろうという発想です。それがいつのまにやら憲法改正が党是だという風に大きく態度を変えました。

公正と信義はもともとないのだから、自国の存在を他国に委ねるような憲法や条約というのは、自国を守る気なんてないと言っているようなもので、そういう憲法や条約の存在を許して良いのでしょうか。

日本国憲法の制定は占領期間中の主権の存在しない期間の違法行為であること、大日本帝国憲法に違反して改正されたこと、戦力を待てないのに持っていたり、結婚するときに保証人を書かされたり、私立大学に税金から補助金が使われたりと実効性に疑問があることが多々あることなどを引っくるめて考えると、憲法としての有効性はないと考えられます。

世の自民党支持者、安倍首相支持者、それに群がる知識人や言論人の中には無効論者を異様に嫌う人がいますが、だいたいそういう人たちの言っていることを見ると無効論批判になっていないようです。

無効論というのは「日本国憲法は無効である論」です。元々無効であり、憲法ではない別のものとして、罷り通ってきたという論です。だから、その憲法でないものを改正したところで、依然として憲法ではないと考えます。無効論に反発する人たちは、「日本国憲法を無効にする論」だと言います。これは日本国憲法は元々有効であり、正当な憲法だけど、それを破棄して作り直すという論です。まったく違いますよね。これを知っていて意図的にミスリードする専門家風の人もいるので注意が必要です。

極東軍事裁判、通称東京裁判については、「あんなものは裁判じゃない」と批判しながら、日本国憲法については「あんなものは憲法じゃない」と言わないのは変ですよ。東京裁判は裁判として正当ではないし、日本国憲法は憲法として正当ではないんだから、憲法じゃないと言うのが自然です。

東京裁判で戦犯とされた方々の名誉は後に法的に回復しました。日本国憲法で悪とされた日本の名誉回復をするには、無効論で行くのが良いと思います。これは良く考えるべきことです。

憲法9条にちょこっと何かを書き加えるだけで日本が良くなるという夢を見たり、それだけのことをやるのに護憲派と罵り合ったりと、なんだかなっていう感じです。